【初心者向け】CBDリキッド・VAPE(ベイプ)の吸い方!電子タバコでCBDを楽しむ方法

CBDの使い方

【PR】

お疲れボーイ
お疲れボーイ

CBDリキッドの正しい吸い方がわからない…

アイズ<br><a href="https://twitter.com/aizucbd">@aizucbd</a>
アイズ
@aizucbd

そんなあなたのために、CBDリキッドの吸い方を解説します!

CBDリキッドの種類や選び方、デバイスの選び方まで徹底的に説明しますので、ぜひ参考にしてね。

この記事でわかること
  • CBDリキッドの吸い方5ステップと、吸い方のポイント
  • CBD初心者必見!CBDリキッドに関するQ&A集

添加物不使用で安心!
高濃度・高コスパのおすすめCBDリキッド「HEMP LEAD」

公式サイト定期コースなら初回お届け時は、1,980円相当のCBD用デバイスが無料でついてくるので初めての方にイチオシです◎

公式サイトはこちら↓

HEMP LEAD公式サイト

【6ステップ】CBDリキッド(VAPE)の吸い方

CBDリキッドの吸い方は、以下の6ステップです。

  • デバイスを用意する
  • デバイスを充電しカートリッジを装着
  • デバイスの電圧を設定
  • ゆっくりと吸い込む
  • 蒸気を10秒ほど肺でキープする
  • 蒸気を鼻からゆっくりと吐き出す

基本は蒸気を吸うだけ!

ですが、ポイントを押さえることでCBDの力を引き出すことができるとされています!

以下でポイントも合わせてご紹介します。

①デバイスを用意する

Cookies510規格ペンバッテリー

まず、CBDリキッド用のVAPEデバイスを準備しましょう。

市販されているものは多種多様ですので、初心者向けの使いやすいデバイスを選ぶことをおすすめします。

おすすめのデバイスはこちら

②デバイスを充電しカートリッジを装着

HEMP LEAD(ヘンプリード)CBN95%リキッド
CBDリキッド
HEMP LEAD(ヘンプリード)CBN95%リキッド
デバイスに装着!!

次にデバイスを充電し、CBDリキッドが入ったカートリッジを装着します。

多くのデバイスはUSBで充電可能です。

カートリッジの装着方法はデバイスによって異なるので、説明書を確認してください。

③デバイスの電圧

ペンバッテリー 電圧調整
下の部分を回すと電圧が調整できるタイプのデバイス。

デバイスによっては、電圧(加熱温度)を設定できるものがあります。

電圧が高いと蒸気の量が増えCBDの体感が得やすくなると考えられますが、肺や喉への刺激が増えるためむせやすくなる可能性があります。

はじめての場合は、最低電圧から始めてみましょう!

④ゆっくりと吸い込む

デバイスによっては、吸引時にボタンを押す必要があるものもあります。

ボタンを押している間だけ加熱するタイプの場合は、ボタンを押しながらゆっくりと吸い込みましょう。

吸引の仕方に慣れるまでは、少量ずつ吸い込むと良いでしょう。

⑤蒸気を10秒ほど肺でキープする

蒸気を吸い込んだら、できるだけ長く(理想は10秒ほど)肺の中でキープします。

これにより、CBDの成分が肺を通って血液中に吸収されます。

⑥蒸気を鼻からゆっくりと吐き出す

最後に、蒸気を鼻からゆっくりと吐き出します。

口から吐いてもいいですが、CBDの成分は鼻腔内の粘膜からも吸収されるため、鼻からがおすすめです!

ポイント

CBDリキッドは通常のVAPEと異なり大量の蒸気を楽しむものではなく、蒸気をしっかり肺に入れて成分を吸収させるという意識で吸うことで体感が得られやすくなります!!

CBDリキッド(VAPE)の吸い方に関するQ&A

CBDリキッドの吸い方や基礎知識についての、よくある疑問をまとめました。

  1. CBDリキッドは1度に何回・何秒吸うべき?
  2. CBDリキッドは肺に入れるべき?
  3. CBDリキッドは1日何mg摂るべき?
  4. CBDリキッドはリキッド/使い捨てタイプどちらがいい?
  5. CBDリキッドは濃度何%を選ぶべき?
  6. CBDリキッド1mlで何回吸える?
  7. CBDリキッドでむせるときの対処法は?
  8. CBDリキッドの保管方法は?
  9. CBDリキッドに消費期限はある?
  10. CBDリキッドの即効性と持続時間は?

これらを理解すれば、CBDリキッド、ベイプを使いこなせること間違いなし◎ぜひ参考にしてくださいね!

Q1:CBDリキッドは1度に何回・何秒吸うべき?

吸引回数については製品ごとに推奨される回数が異なるため、まずは製品ラベルに記載された「1回に〇回」を参考にします。

一般的には、3~5回程度が推奨されます。

自分にとって適切な量を見つけるため、最初は少量から試し、必要に応じて徐々に増やしていきましょう。

吸引の秒数については、1回の吸引は1~2秒程度で十分です。

いきなり吸ったり深く吸いすぎるとむせてしまうことがあるため、ゆっくりと無理ない範囲で吸い込んでください。

Q2:CBDリキッドは肺に入れるべき?

CBDリキッドは肺に入れない吸い方(いわゆる「ふかし」)では、CBD成分が血液中に吸収されないため体感を得ることができません。

そのため、蒸気を肺まで入れてできるだけキープすることで成分を血液中に吸収させましょう。

Q3:CBDは1日何mg摂るべき?

結論、一般的にはCBDは1日に5~100mg程度の摂取が目安とされています。

ただし、CBDの体感には個人差がありますので、一概に「〇mgが適切」というのは難しいです。

そのため、各製品に記載されている吸引回数の目安を元に、自分に合った量を探っていきましょう。

関連➡CBDの摂取量はどうやって決める?目安や製品ごとの含有量の違い、コスパについても解説

Q4:CBDリキッドはリキッド/使い捨てタイプどちらがいい?

使い捨て製品のメリットは比較的安価でCBDをお試しできる点ですが、一方で品質や作りが粗悪である場合も多いです。

使い捨て製品を選びたい場合は

  • 成分は安全か?
  • 含まれる添加物が多くないか?
  • 製造元は信頼できるか?

という点をしっかりチェックしましょう。

個人的には添加物が入っていない、信頼できるメーカーの付け替えカートリッジタイプをおすすめします。

安全にCBDの効果を感じたいなら、多少値が張っても信頼できる製品を選ぶようにしましょう。

関連➡CBDの選び方|信頼できる製品を見つけるための4ステップ

Q5:CBDリキッドは濃度何%を選ぶべき?

はじめてCBDを試す場合は眠気などの副作用が現れる場合がありますし、成分による刺激で喉が痛くなったりむせてしまうことがあります。

そのため、低濃度のものから身体を慣らすことをおすすめします。

濃度の目安としては5%~10%、最高でも40%程度のものを選ぶとよいでしょう。

慣れてきたら、高濃度のものを試してみてもいいですね。

関連記事➡CBD初心者でも失敗しない!濃度選びのコツと効果的な使い方

Q6:CBDリキッド1mlで何回吸える?

CBDリキッドは、1mlでだいたい200~250パフ(吸引)できると言われています。

Q7:CBDリキッドでむせるときの対処法は?

CBDリキッドの使用でむせてしまう原因としては、

  • 蒸気を一気に肺に入れすぎている
  • 無理に肺で蒸気をキープしすぎている
  • デバイスの電圧が高すぎる
  • 添加物の多いリキッドを使用している
  • CBD濃度が高すぎる

などが考えられます。

まずは低濃度のリキッドを選び、無理のない範囲で吸ってみましょう!

むせてしまう場合の対処法については、CBDリキッド・ベイプでむせる!原因と対処法まとめ【慣れれば大丈夫?】で詳しく解説していますので参考にしてください!

関連➡CBDリキッドやオイル・グミを使うと喉が痛い!イガイガする!原因と対処法まとめ

Q8:CBDリキッドの保管方法は?

CBDの成分は光や熱の影響を受けて劣化するため、リキッドは直射日光を避けた暗所で保管しましょう。

海外の研究によると、CBDは室温では非常に不安定であることが示されましたが、5°Cでの保存では12か月間安定していたとのことですので、冷蔵庫での保管がもっともおすすめです。

また、保管の際はCBDリキッドを倒して置いておくと液漏れの可能性がありますので、購入時に付属していたゴム製のキャップを装着して立てておくことをおすすめします。

関連➡CBDは熱に弱い!保存方法・調理方法の注意点とポイント、体験談を解説

Q9:CBDリキッドに消費期限はある?

消費期限については、製品ラベルやパッケージに記載されている情報を確認してください。

開封後は酸化や劣化が進むため、通常1か月~3か月以内に使い切ることが推奨されます。

Q10:CBDリキッドの即効性と持続時間は?


CBDリキッド
(吸引摂取)
CBDオイル
(舌下投与)
CBDグミ
(経口摂取)
イメージCBT優勢リキッドroun CBDオイル
効くまでの時間数秒~数分30分~1時間1~2時間
体感の持続時間2~3時間6~9時間最大12時間
CBD吸収率34~56%13~35%6〜20%
参考文献:CBDエッセンシャルガイド
参考サイト:麻田製薬

吸引することで摂取するCBDリキッドの体感が現れるまでの時間は数秒~数分と言われており、CBDオイルやCBDグミと比べるともっとも即効性があるとされています。

一方で体感の持続時間は2~3時間と短めです。

また、肺から直接血液中に吸収されるため、吸収率ももっとも高くなっています。

CBDグミの効果の持続時間は何時間?効果を持続させる方法や適切な摂取タイミングを解説

CBDの禁煙効果|タバコ代わりになる?禁煙に成功した筆者の体験談

添加物不使用・高濃度・高コスパのおすすめCBDリキッド「HEMP LEAD」

公式サイト定期コースなら初回お届け時は、1,980円相当のCBD用デバイスが無料でついてくるので初めての方にイチオシです◎

公式サイトはこちら↓

HEMP LEAD公式サイト

CBDリキッド(VAPE)の種類

吸って楽しむCBDアイテムの種類にはおもに

  • カートリッジ付け替えタイプ
  • リキッド補充タイプ
  • 使い捨てタイプ
  • 加熱式タバコ用スティックタイプ

の4種類があります。

カートリッジ付け替えタイプ

CBDリキッド カートリッジ

カートリッジ付け替えタイプは、CBDリキッドが入ったカートリッジを別途用意した加熱用デバイスに装着して使用します。

多くのメーカーでは、510規格のデバイスに対応するカートリッジを販売しています。

CBDリキッド 510規格デバイスの口金
510規格デバイスの口金
CBDリキッド 510規格カートリッジの口金
510規格カートリッジの口金

カートリッジ付け替えタイプは、さまざまなメーカーのリキッドを試しやすく、デバイスのメンテナンスもほとんど不要です。

封閉されたカートリッジなので液漏れの心配が少なく使いやすいため、初心者にもおすすめです。

ただし、カートリッジの交換が必要になるため、長期的にはリキッド補充タイプよりコストが高くなる場合があります。

アイズ
アイズ

個人的には「カートリッジ付け替えタイプ」がもっともおすすめで、私も日常使いしています!

リキッド補充タイプ

リキッド補充タイプ CBD

リキッド補充タイプは、デバイスに自身でCBDリキッドを補充するタイプです。

リキッドを補充するだけなので、長期的に見ればコストを抑えられます

ただし、リキッドの補充やデバイスの清掃が必要で手間がかかる点や、リキッド補充の際に液漏れする可能性がある点はデメリットと言えます。

扱いが難しいため、VAPEに不慣れな初心者には不向きです。

リキッドの鮮度を保つため、補充時は使う分だけ入れるのがおすすめです。

使い捨てタイプ

CBDリキッド 使い捨て
グラスボーテより引用

デバイスとリキッドが一体となった使い捨てタイプは比較的価格が安く開封後すぐに使えるため、初心者はお試ししやすいでしょう。

使い終わったら捨てるだけなので、清掃やリキッド補充の手間がありません。

小型で軽量なため、持ち運びに便利です。

ただし、使い捨てのため長期的に見るとコストが高くなる可能性があります。

また、メーカーによっては品質が確かではないことがありますので、しっかり成分を確認し信頼できるメーカーの製品を選ぶようにしてください。

加熱式タバコ用スティックタイプ

CBD 加熱式タバコ用スティックタイプ

加熱式タバコ用スティックタイプは、IQOS(アイコス)などの加熱式タバコデバイスに挿し込んで加熱します。

スティックにはニコチンやタールは添加されておらず、発生する蒸気にCBDの成分やフレーバーが含まれています。

すでに加熱式タバコのデバイスを持っている場合、別途デバイスを購入する必要がないため、初期費用が抑えられます。

ただし、スティックは特定のデバイスでしか使用できないため、お持ちの加熱用デバイスが対応していない場合があります。

また、他のCBDリキッドや使い捨てタイプに比べるとCBD含有量が少ない傾向にあります。

加熱式タバコ用スティックタイプは、特に禁煙・減煙する際などに役立つでしょう。

IQOS(アイコス)で吸えるCBDスティック4選!イルマ対応CBD HEALはコンビニで売ってる?

アイコスイルマ対応「CBD HEAL The third IZUMI」はコンビニで買える?口コミ・レビュー

CBD用デバイスの選び方・おすすめデバイス

ここでは、510規格用カートリッジに対応する加熱用デバイスを紹介します。

510規格の加熱用デバイスは1,000円~2,000円程度で、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで購入できます。

おすすめデバイス

下記2つのデバイスは、温度(電圧)調整機能があるため自分に合った蒸気の量を楽しむことができます。

下記はCBDリキッドブランド「skew(スキュー)」により開発されたCBD専用デバイスです。

CBDリキッドメーカーの公式サイトでも、製品に対応する加熱用デバイスが販売されていることがありますので、見てみるとよいでしょう。

CBDブランド「HEMP LEAD」ロゴ入り510規格でデバイス

HEMP LEAD公式サイト

爆煙タイプのデバイスは加熱温度が高すぎて、CBDの成分を劣化させることがあるので避けましょう!
CBDリキッドを吸うためのベイプを選ぶ際は「CBD用」と記載されているものがおすすめです。

関連➡CBDは熱に弱い!保存方法・調理方法の注意点とポイント、体験談を解説

CBD以外のおすすめカンナビノイド

CBDと同様に流通しているカンナビノイド(=大麻植物由来の合法成分)としておすすめなのが、CBNとCBGです。

CBNとは

CBN(カンナビノール)は、大麻の主要成分であるTHCが酸化することで生成される化合物です。

CBNは、特にリラックス効果や睡眠のサポートに対して注目されています。

これにより、安らかな眠りを求める方に適していると言われています。

【CBN徹底解説】キマる?ハイになる?違法性は?CBDとの違いも詳しく解説

CBGとは

CBG(カンナビゲロール)は、大麻植物に含まれる他のカンナビノイドの前駆体となる成分です。

CBGは、抗炎症作用や鎮痛作用が期待されており、集中力の向上に役立つと考えられています。

CBN・CBGを含むリキッド(ベイプ)

CBNやCBGを含むリキッド(ベイプ)も市場に出回っており、手軽にこれらのカンナビノイドを摂取することができます。

CBDリキッドと同様に、デバイスを用いて吸引することで必要な成分を効率よく体内に取り込むことが可能です!

アイズ
アイズ

朝はCBGで集中力アップを図り、仕事の休憩時間にはリラックス効果が期待されるCBDを、寝る前はCBNで睡眠の質アップ!

というように使い分けるのがおすすめですよ。

CBD/CBN/CBGリキッドをお探しなら、高品質・高コスパのCBDリキッドを提供する「HEMP LEAD」がおすすめです!!

公式サイト定期コースならCBNリキッドがずっと25%OFF!!

★初回お届け時には、1,980円相当のCBD用デバイスもついてくる!
★送料がずっと無料!
★いつでも解約可能で、解約金もなし。

HEMP LEAD公式サイトはこちら↓

HEMP LEAD公式サイト

レビュー記事➡【レビュー】HEMP LEAD(ヘンプリード)のCBN95%リキッドを使ってみた効果・口コミまとめ!

CBDとは

CBDオイル

CBD(カンナビジオール)は、大麻植物に含まれるカンナビノイドの一種で、精神活性作用(「ハイ」になる作用)がないことで知られています。

CBDには、

  • リラックス効果
  • ストレス軽減
  • 睡眠の質の向上
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用

などが期待されており、健康維持や体調管理に利用されています。

CBDは一般的に安全とされており、世界保健機関(WHO)もその安全性を認めています。

CBDの副作用は比較的少ないとされていますが、一部の人においては

  • 疲労感
  • 下痢
  • 食欲の変化

などが報告されています。

また、服用中の薬がある場合はCBDと相互作用を起こし効果が増減する場合がありますので、治療中の疾患や服用中のお薬がある場合はCBD使用前に必ず医師に相談してください。

日本では、THC(テトラヒドロカンナビノール)を含まないCBD製品は合法です。

ただし、輸入や販売に関しては規制があるため、信頼できる業者からの購入することが大切です。

CBDはやめたほうがいい?!キマるって本当?危険性や依存性、法律面についても解説

CBDの効果まとめ|効果を感じない時の原因と対処法も紹介

CBDの安全性|違法性や依存性、副作用について解説

CBDの抽出方法は3種類

CBD

CBDの抽出方法にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3種類があり、それぞれ含まれる成分や特徴が異なります。

アイズ
アイズ

結論としては、CBDアイテムを選ぶ際は「ブロードスペクトラム」で抽出されたCBD製品を選ぶのがおすすめです!

抽出方法フルスペクトラムブロードスペクトラムアイソレート
概要すべてのカンナビノイドや
テルペンが含まれる
THCを除いた
すべてのカンナビノイドや
テルペンが含まれる
純粋なCBD
のみが含まれる
おすすめ度☆☆☆☆☆
違法のため絶対ダメ!!
★★★★★
合法で安全!
CBDの力を引き出す
★★★☆☆
ドーピング検査のある
スポーツ選手に向く※1
カンナビノイドCBD
THC
CBG
CBN
CBC などすべて
CBD
CBG
CBN
CBC などが含まれるが
THCは含まれない
CBDのみ
テルペン※2
(大麻草由来の香料)
含まれる含まれる含まれない
アントラージュ効果3最大限に期待できる一部期待できる期待できない
合法性THCが含まれるため
日本では違法
日本で合法日本で合法

※1 アイソレートは純粋なCBD成分のみを抽出したもので、他のカンナビノイドやテルペンが一切含まれていません。

2018年に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)がCBDの使用を許可しましたが、認められているのはあくまでCBDのみです。

したがって、アイソレートCBDを使用することで、ドーピング検査に引っかかるリスクを避けることができるため、スポーツ選手に適しています。

※2 テルペンは、植物が生成する天然香料で、アロマセラピーなどで広く利用されています。CBD製品に含まれるテルペンには、リフレッシュ効果やリラックス効果、クリアな思考をサポートする効果などが期待されています。

※3 アントラージュ効果とは、CBDを含むカンナビノイドが、テルペンやフラボノイドなどの他の植物化合物と一緒に摂取されたときに、それぞれの成分が相互に作用し合い、単一成分よりも効果を高める現象のことです。
これは、各成分が単独で摂取される場合に比べ、相乗的な作用をもたらすとされています。

ブロードスペクトラム・フルスペクトラム・アイソレートとの違いを解説

CBDアイテムの種類

CBD 製品 種類

CBDアイテムは、CBDリキッド以外にも以下のようなものがあります

  • CBDオイル
  • CBDグミ、キャンディ、チョコレート
  • CBD化粧水、美容液、フェイスマスク
  • CBDロールオン
  • CBDカプセル

各製品によりメリットデメリットや期待できる効果が異なりますので、あなたの目的に合ったアイテムを選ぶことが大切です!

各製品の特徴については、CBD商品の種類一覧|オイル・リキッド・グミなどから自分に合った商品を見つける方法で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

CBDオイルの舌下摂取のやり方|効果・時間・何滴摂るべきかも丁寧に解説

CBDオイルの舌下摂取のやり方|効果・時間・何滴摂るべきかも丁寧に解説

添加物不使用・高濃度・高コスパのおすすめCBDリキッド「HEMP LEAD」

公式サイトはこちら↓

HEMP LEAD公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました