【CBD×サウナ活用ガイド】サウナ前後のCBDオイルの使い方や効果、実際に使ってみた検証結果

CBDの使い方

【PR】

今回の記事ではCBD特化ブログの運営者であり、ライターとしてサウナメディアの運営にも携わっている筆者が、CBDとサウナの関係について徹底解説します!!

実際にサウナに入る前後にCBD製品をとってみて、その体感の違いを検証しました。

この記事を書いた人
<span class="fz-20px">アイズ<br></span><a href="https://twitter.com/aizucbd">@aizucbd</a>
アイズ
@aizucbd

アラサー女、Webライター兼ブロガー。CBD特化サイト「CBD時間」運営者。

CBD使用歴2年以上。毎日さまざまなCBDアイテムを活用しています!

ライターとしてはサウナメディアにて記事を書いており、サウナ×CBDの効果も研究中!

サウナには週1通っています!!

この記事ではCBDとサウナが持つ効果や、サウナ前後のおすすめのCBDの摂り方、おすすめCBD商品についても徹底解説しますので、ぜひ参考にしてしてください!

「とにかく筆者がサウナ前後にCBDを摂ってみた検証結果が知りたい!」という方は、こちらをクリック

高品質!おすすめCBDブランド/

2/23まで CBGオイル・グミ最大75%OFF/

高品質CBDオイル・CBDグミなど対象のお得なセール!!

CBDとは?その効果は?

CBD

CBD(カンナビジオール)は、麻植物から抽出される成分です。

CBDは大麻の精神活性成分であるTHCとは異なり、使用しても「ハイ」にならないため日本では完全に合法となっています。

CBDには様々な健康効果が期待されており、特に

  • ストレスや不安の緩和
  • 睡眠の質の向上
  • 炎症や痛みの軽減

などが挙げられます。

これらの効果により、日常の健康管理や特定の健康問題の補助治療として利用されています。

CBDオイルとは

ネイチャーカン 15%CBDオイル 液体

CBDオイルは、CBDを主成分とするオイル製品です。

CBDオイルはCBDを体内に効率的に取り入れる手段として広く使われており、口内粘膜に垂らして摂取することで迅速に吸収されます。

CBDを希釈するオイルには、MCTオイルやオリーブオイルといった健康によく体脂肪になりにくいとされる油分が使われることが多いです。

使用方法が簡単で必要な量を調節しやすく、CBD含有量に対するコスパに優れているため、CBD初心者にも人気があります。

サウナの健康効果

sauna

サウナは高温の環境で体を温めることによって、さまざまな健康・美容効果をもたらします。

サウナの効果
  • 筋肉の緊張を和らげるリラクゼーション効果
  • 身体のデトックス効果
  • 血流の改善
  • 肌のトーンの向上
  • 免疫力アップ
  • 代謝アップ
アイズ
アイズ

ストレス解消には温度が高い「ドライサウナ」が、肌にうるおいを与えたいなら湿度が高い「スチームサウナ・ミストサウナ」がおすすめ!

サウナで整う(ととのう)とは?

サウナで「整う」とは、サウナと水風呂を交互に利用することで身体に温度の変化を与え、身体を深いリラックス状態にすることを指します。

この温度差が重要で、サウナの暖かさで体を温めた後、水風呂で急速に冷却することにより、血流の改善や新陳代謝の促進が期待できます。

ただし、高血圧の方などは急激な温度変化が体に負担をかける可能性があるため、注意が必要です。

整うためには、高温のドライサウナ(10分程度)→水風呂(30秒~2分程度)→休憩・外気浴 の1セットを2~3回程度繰り返すのがよいとされます。

CBDとサウナの相乗効果

CBDとサウナを組み合わせることで得られる相乗効果には、以下のようなものがあります。

  • リラックス効果
  • 不安・ストレスの緩和
  • 睡眠の質改善
  • 自律神経の調節
  • 高血圧の改善
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果

リラックス効果

CBDはストレスや緊張を軽減し、心身をリラックスさせる効果が期待されています。

一方のサウナは、高温で体を温めることで筋肉の緊張を和らげ、リラクゼーションを促します。

この両者を組み合わせることで、心身のリラックス感が増強されるでしょう。

不安・ストレスの緩和

CBDには不安やストレスを軽減する効果があることが研究により明らかになっています。

サウナは、リラクゼーションにより心の緊張を和らげます。

両者のリラックス効果により、心理的な不安やストレスが軽減されることが期待できます。

睡眠の質改善

CBDには、睡眠の質を向上させる効果があるとされています。

一方のサウナの、身体をリラックスさせることでより良い睡眠を促進します。

この二つをかけ合わせることで、より深いリラックス状態が質の高い睡眠へと導きます

自律神経の調節

CBDには、自律神経のバランスを整える効果が期待されています。

サウナは温度変化により自律神経を刺激し、調節を助けます。

両者の効果により、自律神経の安定化を促進します。

高血圧の改善

CBDには血圧を安定させる効果がある可能性があります。
特にCBDは、血圧を下げる働きがあるとされています。

一方のサウナも、適度な利用により血圧が低下するという研究結果が出ています。
サウナの場合は特に運動後の利用で高血圧が改善する可能性があります。

両者の適切な使用が、高血圧の改善に寄与する可能性があるのです。

ダイエット効果

CBDは、代謝の促進や食欲調節に効果が期待されています。

一方のサウナは、体温上昇による代謝の向上がダイエット効果に寄与します。

継続的にCBDとサウナを利用が食欲のコントロールや代謝の活性化に役立ち、ダイエット効果が得られる可能性があります。

アンチエイジング効果

CBDは抗酸化作用を持っていることから、肌の老化を遅らせることが期待されています。

サウナは血行促進による肌の健康維持がアンチエイジングに寄与します。

CBDとサウナをかけ合わせることで、体内外からのアプローチにより、アンチエイジング効果が強化されるでしょう。

【実際に検証】サウナ前後にCBDアイテムを使ってみた感想

今回の検証では、CBDアイテムの中でも人気の高い

  • CBDオイル
  • CBDグミ
  • CBDリキッド(ベイプ)

の3種類とサウナとの相乗効果を試してみました。

注目すべきはCBD製品によって「効くまでの時間」が異なる点です!


CBDオイルCBDグミCBDリキッド
イメージroun CBDオイルCBT優勢リキッド
特徴口内の粘膜から吸収。
高濃度のCBDが血中に入る。
全身に効果が広がる。
効果は全身に広がる。心臓・脳にすぐに効き始める。
その後効果は全身に広がる。
効くまでの時間30分~1時間1~2時間数秒~数分
効果の持続時間6~9時間最大12時間2~3時間
参考文献:CBDエッセンシャルガイド

もっとも即効性があるとされるCBDリキッドの場合はサウナに入る直前でもよいですが、CBDグミなど消化器官を通ってじっくり吸収されるタイプは、サウナに入る1~2時間前に摂取するのがよいでしょう。

検証ではサウナ前にCBDを摂る場合は、上記の「効くまでの時間」に合わせたタイミングで各CBD製品を摂取してからサウナに入り体感の違いを比べました。

検証①サウナ前後にCBDオイルを摂ってみた!

ネイチャーカン 15Dオイル 液体

■サウナ前にCBDオイルを摂る。

まずはサウナに入る1時間前にCBDオイルをとって、サウナに入りました。

オイルの場合1時間程度でリラックス感が現れ始めました。リラックスした状態でサウナを楽しむ。。。

サウナ室では瞑想やリラックスが捗りいい感じ!!!いつもは熱さに集中してしまい辛くなってしまうのですが、CBDのおかげか自分の身体の感覚や気持ちよさと向き合うことができました

サウナから上がって水風呂に入ると、冷たくて一旦リラックスは吹き飛びましたが(笑)その後の休憩ではまたリラックス感が高まりました。

■サウナ後にCBDオイルを摂る。

CBDオイルは人前では摂りにくいため、スパ施設のトイレでこっそりCBDオイルをとります…(笑)これオイルのデメリットかも。

CBDオイルは体感が現れるまでに15分~1時間と幅がありますが、私の場合は1時間でピークになるイメージです。

一方サウナのリラックス感はサウナから出た後徐々に弱まっていってしまうので、サウナのリラックス感とCBDのリラックス感がいい感じ組み合わさってくれなかったという印象。。。

検証②サウナ前後にCBDグミを摂ってみた!

CBDグミ Greeus

■サウナ前にCBDグミを摂る。

サウナ前にCBDグミを摂る場合は、サウナに行く2時間ほど前に食べておきます。

CBDグミは消化器官を通る過程で分解されることから、CBD吸収率が他製品よりも低い傾向があり、穏やかに長く効いていく製品です。

そのためサウナの強烈な体感に対し、CBDのリラックス効果がかき消されちゃうかな…という印象。。。

個人的には、サウナとのかけ合わせにはあまり向かないかなと思いました。

■サウナ後にCBDグミを摂る。

CBDグミは外でも気軽にポイっと食べれちゃうので、いつでもどこでも人目を気にせず摂取することができていいですね◎

また、エネルギーを消耗するサウナ後に食べると、糖質が含まれるグミがよりおいしく感じます(笑)

ただ、やはり体感が現れるため1~2時間かかりやさしいリラックス感であるため、そのころにはサウナのほうの効果が穏やかになってしまっていて上手くお互いの効果がかけ合わされないという結果でした。

検証③サウナ前後にCBDリキッド(ベイプ)を摂ってみた!

CBG優勢リキッド

■サウナ前にCBDリキッドを吸う。

最後は吸ってから数秒~数分で効果が現れると言われるCBDリキッド(ベイプ)。

こちらの難点も人前では吸いにくいということ。。CBDリキッドにはニコチン・タールは含まれませんが、周囲の人に迷惑にならないように必ず喫煙可の場所で吸ってください。

サウナに入る直前にCBDリキッドを吸っておきました。リラックス感はバッチリ◎

ただ、私の場合CBDリキッドは吸った直後に体感がピークになるイメージで効果が薄れていくのが早い。。。

そのため服を脱いで身体を洗って…としているうちにCBDの体感が物足りない感じになってしまいました。

■サウナ後にCBDリキッドを吸う。

サウナ後にCBDリキッドを吸ってみるとすぐに体感が現れました!

サウナ後のふわふわ感とCBDのリラックス感による身体の力が抜ける感覚で、さらにリラックス!!

リキッドはフレーバーのアロマ感によって、さらにリラックスできるものいいですね。

アイズ
アイズ

検証の結果、個人的にはサウナに入る1時間前にCBDオイルをとって、サウナ直後にリキッド(ベイプ)を吸うのが一番気持ちのいい入り方でした!!!!

両方買うのは大変という方は、サウナ前にCBDオイルを摂るのがおすすめです。

※体感はあくまで個人の感想です。CBDの体感には個人差が大きいことをご留意ください。

CBD摂取時の注意点

CBDを摂取する際には、特に注意すべきいくつかの点があります。

  • 飲酒時はCBD摂取を避ける
  • 服用薬と併用はしない
  • CBDは妊娠中は摂取しない
  • 信頼性・安全性が高いブランドを選ぶ
  • 摂取後の車の運転は避ける
  • 初めて使う場合は休日に自宅で試してみる

飲酒時はCBD摂取を避ける

飲酒時のCBD摂取は避けるべきです。

CBDのアルコールとの相互作用は研究段階であり、予期せぬ副作用が生じる可能性があります。

服用薬と併用はしない

既に服用している薬との併用も避けるべきです。

CBDは一部の薬と相互作用を引き起こすことがあり、その効果や副作用に影響を与える可能性があります。

そのため、CBDを使用する前には必ず医師や薬剤師に相談することが重要です。

CBDは妊娠中は摂取しない

CBDの妊娠中の影響や胎児への影響についてはまだ十分な研究が行われていないため、安全性が確立されていません。

信頼性・安全性が高いブランドを選ぶ

CBD製品を選ぶ際には、信頼性と安全性が高いブランドを選ぶことが大切です。

品質の高い製品を選ぶことで、不純物や不適切な成分のリスクを避けることができます。

CBDの選び方|信頼できる製品を見つけるための4ステップ

摂取後の車の運転は避ける

CBD摂取後の車の運転も避けるべきです。

CBDは特に強い精神活性作用はありませんが、個人によってはリラクゼーション効果が強く出ることがあり、眠気が現れたりして運転能力に影響を与える可能性があります。

初めて使う場合は自宅で試してみる

初めてCBDを使用する際には、安全を確保するために自宅で試してみることが良いでしょう。

自分の体がCBDにどのように反応するかを安心して確認してください。

サウナ前に初めて試すと眠気やめまい、低血圧などの副作用がまれに起こり、ふらついてしまったりする可能性もあるので要注意です!

CBDの安全性|違法性や依存性、副作用について解説

サウナを安全に利用する方法

サウナ

サウナは健康にポジティブな効果があると言われていますが、同時に正しく使わないと身体に負担をかけてしまうものです。

サウナを安全に利用するために、以下のポイントを抑えましょう。

  • サウナ前後は十分に水分補給する
  • 飲酒後・二日酔い時のサウナ利用は避ける
  • サウナ利用は食事から2時間以上空ける
  • 高血圧の方や心疾患のある方はサウナ利用を避ける
  • 無理して水風呂に入らない

サウナ前後は十分に水分補給する

サウナ前後の水分補給は非常に重要です。サウナでの発汗により体内の水分が失われるため、十分な水分補給により脱水を防ぎます。これにより、サウナ後の体調不良を避けることができます。

サウナでは300ml~1Lもの汗をかくと言われていますので、サウナ前には1〜2杯の水分を摂っておきましょう。

ただし、アルコール・カフェインを含む飲み物は利尿作用があるため、水分補給には適さないのでご注意ください。

サウナ前後におすすめの飲み物
  • スポーツドリンク
  • カフェインフリーのお茶
  • 砂糖不使用のフルーツジュース、野菜ジュース(サウナ後のエネルギー補給にオススメ)
  • ココナッツウォーター(サウナ後のミネラル補給にオススメ)

サウナ後の水分補給ならCBDが配合されたドリンクを飲んだり、飲み物にCBDオイルを垂らして摂取するのもよいでしょう。

ただし、サウナ後であってもアルコールやカフェインを含まない飲み物を選ぶようにしてください。

【ドンキで買える】YASU-me(ヤスミー)のCBD&GABA配合リラクゼーションドリンクをレビュー!リラックス効果はある?

飲酒後・二日酔い時のサウナ利用は避ける

飲酒後や二日酔いの状態で、サウナを利用するのは避けるべきです。

アルコールは脱水を促進し、サウナの発汗作用がそれを悪化させる可能性があります。

これにより、脱水症状や血圧の変動が生じるリスクが高まります。

CBDはお酒の代わりになる?CBD大好きブロガーがデータや体験談を元に解説

サウナ利用は食事から2時間以上空ける

サウナ利用は、食事から2時間以上空けて行うことが推奨されます。

食後すぐにサウナに入ると消化過程に影響を及ぼし、不快感や消化不良などの健康上の問題を引き起こす可能性があります。

高血圧の方や心疾患のある方はサウナ利用を避ける

高血圧や心疾患のある方は、サウナの利用を避けるか医師の許可を得ることが重要です。

サウナや水風呂の利用は心臓に負担をかけることがあり、これらの条件を持つ人にとってはリスクが高まる可能性があります。

無理して水風呂に入らない

サウナ後の冷水浴は体に大きな温度変化をもたらすため、特に心臓や血圧に問題を抱えている人にとってはリスクがあります。

無理をせず、自分の体調に合わせて水風呂を利用するようにしてください。

水風呂に入らずにサウナを楽しみたい場合は、サウナで温まる→少し冷たいシャワーを浴びる→休憩しながらクールダウン という方法でも十分にサウナの効果を得ることができます。

サウナ前後の効果的なCBDの摂り方

サウナ前後にCBDアイテムを取り入れる場合は、各製品ごとの効くまでの時間に注目し、適切なタイミングで体感が得られるよう摂取する時間を調節することが重要です!


CBDオイルCBDグミCBDリキッド
イメージroun CBDオイルCBT優勢リキッド
効くまでの時間30分~1時間1~2時間数秒~数分
参考文献:CBDエッセンシャルガイド

あなたが選びたい製品はいつ摂るべきか、把握しておきましょう。

CBDオイルならサウナに入る1時間前に摂取しよう!

CBDオイルは体感が現れるまでに、30分から1時間かかることが多いです。

CBDオイルの摂り方は、舌の下にオイルを垂らし1分以上キープすることで口内粘膜や血管から吸収させる「舌下投与」が一般的です。

飲み物に混ぜて飲んだり、口内でキープせずに飲み込んでしまうと消化器官からの吸収になるため、体感が現れるまでに1~2時間程度かかってしまうのでご注意ください。

サウナに入る1時間前に舌下投与することで、サウナでのリラクゼーション効果が最大限に発揮されます。

サウナ後に摂る場合は、摂取直後から効果が得られる可能性は少ない点にご注意ください。

CBDオイルの舌下摂取のやり方|効果・時間・何滴摂るべきかも丁寧に解説

CBDグミならサウナに入る2時間前に摂取しよう!

CBDグミは消化・吸収に時間がかかるため、効果を感じるまでに通常1~2時間程度かかります。

サウナに入る2時間前に摂取することで、サウナ利用時に体感が現れます。

サウナ前は食事を2時間前に済ますのが基本ですので、食後に一緒に食べておくとよいでしょう。

CBDは油に溶けやすいため、CBD入りの製品は良質な油と一緒に摂ることで血液中のCBD濃度が増えるためより効果を感じることができると研究で示されています。

  • アボカド
  • ナッツ
  • サーモン

などを食事でとった後に、CBDグミを食べるとより効果的と言われています。

CBDグミなどのCBD食品は摂取直後から効果が得られる可能性は少ないため、サウナ後の摂取には向きません。

少しでも即効性を得たい場合は、口の中で溶かして口内粘膜から吸収させる「舌下投与」の方法でグミを食べてみるのがおすすめです。

CBDグミの効果的な食べ方を解説|食べる量やタイミング・効果を持続させる方法・おすすめのCBDグミまで紹介

CBDリキッドならサウナに入る直前か入った直後がおすすめ

CBDリキッド(ベイプ)はCBDを肺から血液中に取り入れるため、体内に迅速に吸収されます。

即効性があるとされることから、サウナに入る直前に摂取することでサウナ中にCBDのリラクゼーション効果を実感しやすくなります。

ただし、CBDリキッドは呼吸器疾患を持つ人は吸わないようにと各メーカーは注意喚起していますのでご注意ください。

喘息等の呼吸器系に持病がある方は本製品を使用しないでください。

引用元:ネイチャーカン公式サイト

CBDリキッド・ベイプでむせる!原因と対処法まとめ【慣れれば大丈夫?】

CBDの禁煙効果|タバコ代わりになる?禁煙に成功した筆者の体験談

【CBD×サウナ】おすすめCBD商品

最後に、サウナ前におすすめのCBD製品を2つをご紹介します!

  • Naturecan(ネイチャーカン)CBDオイル
  • roun(ラウン)CBDグミ

それぞれお得に買えるクーポン情報も合わせてご紹介しますので、ぜひCBD製品選びにご活用ください!!

Naturecan(ネイチャーカン)CBDオイル

ネイチャーカンは、安全で高品質なCBD製品や、ビタミンやミネラルなどのサプリメントを提供している、心身の健康をサポートするブランドです。

高品質で幅広い種類・CBD濃度の製品を提供していますので、あなたにぴったりの製品が見つかること間違いなし!

ネイチャーカンで一番人気の商品は、CBDオイルです!

40% CBDオイル

ネイチャーカンのCBDオイルは、5%~40%の6段階のCBD濃度が用意されているのが特徴。

中でも30%以上の高濃度オイルは、高い体感を得られるということでリピーターも多いです。

アイズ
アイズ

私の場合は何種類かのCBDオイルを使ってきましたが、ネイチャーカンのオイルがもっともリラックス感を感じることができました!サウナ前にもよく使います!

初めての方は10%~20%の濃度のオイルがおすすめ◎

ネイチャーカン公式サイトのトップページから「メルマガ登録」を行うと、初回注文から使える10%OFFクーポンがもらえるのでおすすめです!

ネイチャーカン公式サイトはこちら↓

高品質のCBDを低価格でお届けするNaturecan(ネイチャーカン)

ネイチャーカンの40%CBDオイルの効果は?実際に使った体験談【徹底レビュー】

ネイチャーカン CBDグミ(ビーガン対応)を食べてみた感想!効果は感じた?おすすめの食べ方も紹介

ネイチャーカンCBDの口コミ・評判まとめ+アラサー女子による正直レビュー

CBDオイルの濃度選びに困ったら、CBD初心者でも失敗しない!濃度選びのコツと効果的な使い方をご覧ください。

roun(ラウン)CBDグミ

roun(ラウン)は、日本国内で製造される高品質・低価格のCBD製品を提供するCBDブランドです。

「roun」のCBD製品は、天然成分100%で第三者機関による複数回の検査により、THCフリーを確認済み◎

信頼性が高くコスパにも優れているため、初心者でも安心して使えるアイテムを取り揃えています!

roun CBDグミ

rounのCBDアイテムの中でも私が特におすすめしたいのが、1粒にCBD40mgと、ストレスの緩和や睡眠の改善などに効果があるといわれる成分「GABA」50mg配合しているCBDグミです!

アイズ
アイズ

国産!高コスパ!の製品を選びたいならrounがぴったり。

roun公式サイトなら、LINE追加で公式サイトで使える1,000円OFFクーポンがもらえ、クーポン使用で10粒入りCBDグミが680円で購入可能です!!

「サウナ前にCBDを使ってみたい!」という方のお試しにもぴったりの製品と言えるでしょう。

rounなら、LINE追加するだけで公式サイトで使える1,000円OFFクーポンがもらえます!

roun公式サイト・公式LINEお友だち追加はこちらから↓

CBDウェルネスブランド「roun」

レビュー記事はコチラ

roun(ラウン)CBDグミの口コミ・評判!実際に使ってみた体験レビューまとめ

roun(ラウン)CBDオイルの口コミ・評判!実際に使ってみた体験レビューまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました